小池綾研究室ホームページへようこそ

 慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科にて、3Dプリンタを中心として未来のものづくりを革新する新技術の開発を目指し、2019年4月に小池綾研究室を設立しました。

 近年、注目を集める3Dプリンタですが、レーザ技術等の進歩に伴い、金属やセラミックなどの高融点材料まで対応できるようになってきました。3Dプリンタならではの自由形状造形は、航空・自動車産業の部品製造にとって魅力的なプロセスです。一方で、造形物の内部に空泡が残ったり、形状精度が低かったりと、金属3Dプリンタにはまだ多くの課題が残っています。

 本研究室は、こうした技術課題の解決を目指すとともに、異種材料接合技術や、ポーラス(多孔質)構造を持つ金属材料を造形する技術など、金属3Dプリンタのアプリケーション開発まで手掛けます。”ものづくり”という社会基盤を支える基幹技術の開発によって、社会の発展に貢献することを目指します。

新技術の紹介

〇 高重力場の3Dプリンタを研究しています。詳細はこちら

〇 神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC) の令和4年度「戦略的研究シーズ育成事業」に小池研の研究テーマが採択されました!本プロジェクト内で公開可能な研究成果も、このHP内でたびたび取り上げていきます。KISTECのホームページより、詳細はこちら

研究室紹介動画

慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科小池綾研究室 3Dプリンタ等の付加加工を応用した工作機械の開発

研究室説明(3年生向け: 2021年度版)

研究室説明会の日程や、最近行っている研究を説明します。詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました